久しぶりに磯フカセへ

September 20, 2020

2ヶ月振りに磯にチヌ釣りに行きました。

場所は前回と同じ須崎。

例年ならチヌの大会のある時期ですが今年は無し。

少しだけ大会並みの撒き餌とサシエを用意して臨みました。

今回の磯は、初めてのカメの地。

この磯は、先日、高知の名手二人に良型しっかりとを抜かれているので、少し離れた"カメの前"に行きたかったのですが、潮位の高さに無難に地にしました。

上がってみて分かったんですがこの磯、潮位が高いときは結構狭くて少しウネリが高いと被りそうですね。

須崎の優勝請負磯の一つですが、この状態で自分の技量で釣れるかどうか不安なまま開始。

最初に、撒き餌をしっかり打っておいて仕掛けを用意します。

今日の仕掛けは、マスターモデルIIMに銀狼LBD、PE0.6号にリーダー1.6号、ハリスは1.5号、ウキは黒魂Tinyの0-3B、ハリはチヌバリの1、2です。

今日は、暫くいっていない瀬戸内で多用しているのですが須崎では相性があまり良くない環付き棒ウキで通すことにしました。

餌は各種用意しています。

一投目、早速ウキが消し込まれます。

もう来たかと思ったのですがそう甘くなく、木っ端グレ。

今日は、結構、27cm以下の木っ端グレに手を焼きました。

その後、餌取りが最高に多い状態に。

何を付けてもエサが残りません。

1時間位経過して漸く30cmに満たない本命が来ました。

話になりません。

そして、3時間経過、もう弁当でも食べて、全く違う仕掛けで釣ろうかと思っているとウキがスーッと入ります。

アワせるとチヌっぽい。

ゆっくりと取り込んだのは45cm程のチヌ。

こんな釣り方かと一つ経験値を得たような釣り方でした。

その後、連発するわけでも無く、餌取りの嵐。

アイゴ、ベラ、カサゴ、グレと多かったですね。

その後も色々とやりますが状況が好転すること無く12:30まで30cmクラスのチヌを2枚追加しただけで撃沈してしまいました。

防波堤の方がマシだったかもですが、カメの地を経験出来て良かったですね。

今度上がったときは全く違う釣り方でやれば釣れると思います。

しかし、久しぶりの撒き餌のバッカンは重かったなー。

おかげで腰痛になりそうです。

 

 

 

 

Please reload

© 2023 by NOMAD ON THE ROAD. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now